施術案内
  1. ホーム
  2. 施術案内

施術案内

はりきゅう治療

鍼(はり)・灸(きゅう)治療

(はり)・(きゅう)の刺激は脳に伝わります。

脳内では、痛みをなくす鎮痛物質が大量に産生し、モルヒネの数百倍もの鎮痛作用があると言われています。

鍼灸治療の効果

鍼(はり)・灸(きゅう)の治療は、WHO(世界保健機構)で次のような症状に効果があると認められています。


■眼科系
眼精疲労、かすみ目、ものもらい


■婦人科系
生理痛、月経不順、冷え性、更年期障害、乳腺炎、不妊症、逆子

 

■運動器系
五十肩、腱鞘炎、腰痛、頚肩腕症候群、むちうち、リウマチ、変形性膝関節症


■循環器系
動悸、息切れ、高血圧、低血圧、動脈硬化症


■消化器系
胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)


■代謝内分泌系
膀胱炎、尿道炎、前立腺肥大、性機能障害


■耳鼻咽喉科系
鼻炎、花粉症、中耳炎、耳鳴、難聴、メニエール病


■小児科
小児神経症(夜泣き、かんの虫、消化不良、食欲不振、不眠)、小児喘息、夜尿症

スポーツ外傷・障害への効果

スポーツ外傷肉離れ捻挫打撲)、
疲労性のスポーツ障害にも効果を発揮します。

通常、治療に使用する「鍼(はり)」は、髪の毛程度の細さです。鍼(はり)を刺された時は、蚊に刺された程度の感覚で痛みはほとんど感じません。

この鍼(はり)を刺しただけでも、筋肉の緊張がとれます。

他にも色々な鍼(はり)の治療法がありますので、患者様と相談をしながら治療を行います。

また、「灸(きゅう)」は、温かく気持ちが良いというのが基本ですので、痕に残る心配もありません。安心して治療を受けて下さい。

但し、鍼(はり)・灸(きゅう)の感覚は個人差があります。

当院では、国家資格者であり経験豊富なスタッフが治療を行なっておりますが、施術中にお気付きな点がございましたらお問い合わせ下さい。